アメリカ個人輸入代行転送サービス、アメリカ・オレゴン州で個人輸入をサポートします!アメリカからの個人輸入をもっと身近なものに!

アメリカ ★ オレゴン 個人輸入代行サービス!
転送サービス ★ オーダー代行 ★ 買い付け!
転送サービス業界最安値 $9!

★ 関税 ★

関税とは、海外よりお買い物をした際にかかる税金の事です。必ずしも全ての商品を輸入した時に関税がかかるという訳ではありません。
基本的には1万円以下の商品には関税はかからない事になっています。 1万円以下でも例外もあります。皮革製バッグ、革製手袋、履物、パンティストッキング、タイツ、革靴、ニット製品(Tシャツ、セーター等)は、関税がかかる事もありますので、ご了承下さい。
実際には商品価格の60%に対し関税がかかります。商発送の場合は、商品金額100%に対して関税がかかります。
税関は、共同購入を個人扱いと認めておりません。共同購入は商用扱いとしての発送となりますので予めご了承下さい。


<関税の支払い方>

郵便局からの発送の場合でお支払い金額が1万円以下およびヤマト運輸をご利用のお客様は、配達員の方がお荷物を届けに来た時に直接、関税・消費をお支払い下さい。 郵便局からの配送の場合でお支払い金額が1万円以上の場合は、郵便局より「外国郵便物課税通知」が届きますので、ご自分の身分証明書とその通知をを最寄の郵便局に持って行き関税をお支払いください。


<関税の計算方法>

個人扱いで発送の場合、商品代の 60%に対して課税されるという計算になります。
輸入品が輸入者の個人使用目的であると税関が認めた場合は以下の計算となります。商用扱いの場合は100%に対して課税されます。

(商品価格)×60%+保険料+送料等=合計金額(課税価格)


<簡易税率について>

簡易税率とは、課税価格が10万円以下の少額貨物に対して適用される関税率で、個人輸入の場合は、ほとんどがこの税率で課税されると考えられます。ただし、10万円以下でも適用外の品目(食肉調製品、革製品、ハンドバッグ、ニット製衣類、履物など)があります。

関税は税関スタッフによっても異なります。実際に関税がいくらかかるか USAでお買い物 では、お答えできないことを、ご理解ください。
実際に関税がいくらかかるか知りたい場合は、お客様が通関に直接お問い合わせをして下さい。